お葬式について

お悔やみの言葉

■お悔やみの言葉

訃報の知らせを受け、喪家のご自宅を訪れてお悔やみを述べることを「弔問(ちょうもん)」といいます。

訃報を受けて通夜、葬儀の【前】に弔問されるときは、ご遺族が最も悲しみに沈んでいるときですから、ご遺族の気持ちを察し励ましの言葉をかけて差し上げましょう。

 

【お悔やみの言葉の例】

「この度はご愁傷様でございます。心よりお悔やみ申し上げます。」

「この度はご愁傷様でございます。大変お辛いでしょうが、お力落としされませ様に。」

「この度はご愁傷様でございます。あまりにも突然のことで悲しみにたえません。心よりお悔やみ申し上げます。」

 

上記の言葉はあくまでも一例です。
ただ、一番大切なことは、どんな言葉をかけるかよりもどんな思いを持って声をかけることかもしれません。

 

HOME > お葬式について > お悔やみの言葉

Top